第29回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章58~63節」

2017/09/09 に公開

感覚をコントロールする方法について主クリシュナが語っている重要な節です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第28回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章54~57節」

2017/09/01 に公開

前節で主クリシュナは「人はブッディ-ヨガを行うことによって超越的な意識(サマディ)に至る」と語りました。それに対してアルジュナは「では、その人が本当に超越的な意識に達したか否かをどうやって見分けるのですか?」と聞きました。この質問に対する主クリシュナの答えは、私たちの人生にとってとても大切なことばかりです。ぜひ主クリシュナの言葉を胸に切り刻めて、永遠の内なる平静、サマディに到達してください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第27回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章47~53節」

2017/09/01 に公開

ブッディヨガをどのようにして日常生活に取り入れていくことができるかを説明します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

2017/08/19 に公開

第26回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章38~46節」

罪の反動を恐れ戦いを拒むアユジュナに、主クリシュナはブッディヨガについて説明します。

今日は皆さんにエッセイの課題が出ています。「ヴェーダの一分野であるカルマカーンダは、クリシュナ意識を実行している私たちにとってどのような関りがあるのでしょうか?又、イスコンで行われている活動は、ヴェーダの見解によってどのように認可されていますか?(正当であると認められているのでしょうか?)バガヴァドギーター第2章42~46節の翻訳、解説、例を引用しながら自分なりに答えをまとめて提出してください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

第25回バクティシャーストリ「神像崇拝:新寺院TOVPのチャクラ設置」

2017/08/14 に公開

 

今日のバクティシャーストリは「バガヴァドギーター」の勉強を休憩して、昨日マヤプールで行われたTOVPという新しい寺院 のドームの上にチャクラを設置する特別なセレモニーの模様を放送します。寺院の建築は神像崇拝の一部、そして神像崇拝はバクティシャーストリの大切な一部です。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

2017/08/04 に公開

 

第24回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章31~38節」

アルジュナが戦いを拒否した二番目の理由は「このような戦いから得られる喜びなど何もない」という自己的な満足感に基ずいていました。この理由を、クリシュナはカルマカーンダの理論を用いて打倒します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

2017/07/21 に公開

第23回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章26~30節」

これらの節でクリシュナは、魂と肉体(精神と物質)の違いについてのギャーナの結論を出します。29節は「驚くべき魂」として有名な節なので、何がどう驚くべきなのかを正しく把握してください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

第22回バクティシャーストリ「バガヴァドギーター第2章19節~27節」

破壊されることのない永遠なる魂の本質について語りながら、主クリシュナはアルジュナを正義の戦いへと導きます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

2017/07/14 に公開

第21回バクティシャーストリ「マヤプールの新校舎開校式」

マヤプールのバクティシャーストリ新校舎の開校式の様子を、日本語版でお届けします。H.H.ジャヤパタカスワミからの、日本でバクティシャーストリを勉強している方々への特別なメッセージも入っています。「私たちは多くの日本の方々がMI(マヤプールインスティテュート)が提供している日本語のバクティシャーストリから利益を得られますようにと望んでいます。これは歴史的な瞬間です。日本の方々がヴェーダの経典をシステムに従って系統的に学ぶ機会が今あることをとても嬉しく思います。これを可能としてくれた人々に感謝します。ハレークリシュナ」"We hope that many Japanese will take advantage of MI Japanese language. We are very happy that Japanese have now an opportunity to systematically study vedic literture. We thank all those who make this possible.Hare Krsna."

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆