初めての聖なる地マヤプール

サチーデーヴィー・ダーシー

1月28日から7日間念願だったマヤプールに行ってきました。

 インドは3回目ですが、今回はみんなが言ってるように、なかなかインドには辿り着けないのだと痛感させられました。

まず、4日前に急に胃痛がしてきて、熱が出て起き上がることもできなくなったのです。もしやインフルエンザではと思い、次の日寒い中病院に行きました。

 

ヒヤヒヤしながらの結果は、陰性でした。

 そして出発前日に我が家の愛犬が亡くなったのです。

 以前から具合が悪くはあったので、世話は頼んでたのですが

 後ろ髪を引かれる思いもあり、置いていくことに罪悪感もありました。

 その気持ちを察してくれたのか、私がいる間に最後を看取ることができたのです。

でも悲しすぎます。

 先輩デイボーテイにお話すると、それは偶然じゃ無くて必然やったと仰ってくださり少し気持ちが落ち着きました。

そんなこんなでバタバタと用意をし朝関空で今回参加の皆さんとお会いできた時はやっとホットしました。

 

 朝7時に家を出てkolkataに着いたのがPM22:35 そこから又タクシーに乗って4時間かかりマヤプールに着いた時には日付が変わっていました。

もう疲れもピークに達していてとりあえずシャワーだけして眠りにつき

朝はさすがに4時半からのテンプルでのマンガラアラーテイには起きれず

それでも頑張ってサリーを自力でで着て、7時にテンプルに行きました。

何もかも初めて、念願のご神像とお会いできるのも初めて。

一番前でカーテンが開くのを待ちました。想像していたのをはるかに通り越し

クリシュナとラーダの慈愛に満ちた美しさに 胸が震えるのを感じました。

来てよっかた!!やっと辿り着けた!

クリシュナの慈悲に心からお礼を言いました。

その後、グルマハラージにもお会いしサッテャデーバマハラージのお弟子さんたち 兄弟弟子の皆さんと

パリキュラムに毎日出かけました。皆さん本当に楽しそうです。そして講義も沢山して頂きました。

毎日ハードで疲れも出ましたが、ケシャビマタジやマヤプールに滞在されている皆さんともお会いできて

色々なお話を聞けて楽しかったです。

最後の日は念願のチャイタンニャマハープラブが降誕されたヨガピットにも行くことができ 最高に幸せでした。

そして愛犬モモの毛とヒゲもガンジス川に流すことができました。

 

今回の旅で1番良かったと思えたことは、デイボーテイだけの世界に身を置いて過ごせたことです。

帰国して10日ほどは本当に浄化された綺麗な自分がいるように思えました。

 

お世話になった皆様本当にありがとうございました。