入門後に感じたこと

クリシュナプリヤデービーダーシー

クリシュナプリヤマタジのグルであるサチャデーヴァプラブ
クリシュナプリヤマタジのグルであるサチャデーヴァプラブ

 私のグル、サチャデーヴァプラブが入門は必ず必要だ、といつも何度も言っておられました。私が入門して感じたことは、子供がお母さんに手をつないでもらって歩いているのと同じで、グルがいつも正しい道案内をしてくれる、ということです。
 もし手をつないでいなかったら横道にそれてしまうのをお母さんが正しい道に引き戻してくれるのと同じで、入門するとクリシュナとグルの慈悲で、直接手をつないで保護されていると実感しています。

 「グルから入門を授かると献身奉仕の種が入る」という話を聞いた事があるのですが、その種をどう育て実らせるか、どのように奉仕をするかが重要だと思います。
 うまく実を結べばクリシュナが私達を魂の故郷に連れて行ってくれると信じています。グルを送って下さったクリシュナに感謝の気持ちでいっぱいです。

クリシュナプリヤマタジ

岐阜在住の献身者。

2004年にアメリカ在住のサチャデーヴァプラブより入門を授かる。