入門を受けてのコメント

クリシュナアバターラダーシー

入門式の一コマ
入門式の一コマ

クリシュナ意識に関わって6年がたちます。年月が過ぎるのが早いと思います。
それまで、多くの翻訳家のバガヴァッドギーターを読んでいました。
バガヴァッドギーターに興味があったのは、新約聖書が被る文章が多かったからです。
一番最初にレクチャーをお聴きしたのは、バヌマハラージ。七夕の翌週にお会いしました。
次に8月に入ってからだったか忘れましたが、カヴィチャンドラマハラージが来日され、シュリーマドバーガヴァタムを本無しで朝のレクチャーをお聴きしました。
そして9月に、ディクシャグルとなって下さったサチャデーヴァプラブが来日。ギータークラスだけでなく、ジャパ瞑想クラスなどが開かれました。その時は、ありとあらゆる不思議なことが起こり、霊感の無い私でしたが目に見えない神さまはいるという確信が持てるようになりました。
肉食し、大酒を飲み、たばこを吸い好き放題な生活を改めるのは大変でした。周囲の理解を求めるのも大変ですし。
今、理解者ばかりかというとそうではありません。一番理解してほしい妹には、理解出来ないとはっきり言われたばかりです。
しかし、2度めの入門を目指し、勉強を深めようと決意を新たにしております。よろしくお願いします。

しもべのしもべ クリシュナアバターラ