event

 ■2015年も定期的に主の御名を皆で唱えるキールタンの集いを開催します。

 

 

このサイトにて開催日を随時ご案内しますので、是非ご参加ください!

 

『チャイタンニャ・バーがヴァタ』には主チャイタンニャの予言が記されています。

「世界中の街や村、いやあらゆる場所で私の名前が唱えられるサンキールタン運動が広がるであろう」

また、ゴウラ・ゴーヴィンダ・マハラージがされた主チャイタンニャの降誕500年に関する予言があります。主チャイタンニャは1486年に降誕されました。そして1986年に御降誕500年祭を祝いました。実は主チャイタンニャのサンキールタン運動は1986年以降にインドよりも西洋社会に一層広がることになっているのです。マハープラブはパティタパーヴァナ、堕落した魂を救う方です。特に1986年以降カリは力を弱めていくとされます。そして1996年以降カリの力は大変弱くなります。プラブパーダの生誕100年際の1996年以降プレーマ・ユガという西洋社会に一層クリシュナ意識が広がる時期が到来するのです。なぜなら西洋社会にこそヴェーダの教えを知らない堕落した魂が多く住んでいるからです。

西洋社会でヴェーダに従わない落ちた魂をを救うことこそ、マハープラブのマノーヴィスタ(望み)だからです。

このプレーマ・ユガの予言は主チャイタンニャのすぐ後の時代におられた、カヌプリヤ・ゴースワミーという方のものです。

 

カリの力が主の慈悲で弱められる今こそ、クリシュナの御名とメッセージを配らないといけません。

大阪の街にもこの主の慈悲を皆で配りましょう。